未来価値創造研究教育特区

メニュー

FLOuRISH次世代研究者挑戦的研究プログラムフェローシップ制度

FLOuRISH次世代研究者挑戦的研究プログラムフェローシップ制度

制度の概要

本フェローシップ制度は、次世代研究者挑戦的研究プログラムフェローシップ制度実施要項に基づいて実施するものであり、従来とは異なる新たな視点での尖端研究力強化を獲得するための理系イノベーションリーダーの育成を支援することを目的とする。本フェローシップ制度では、本学大学院博士課程に在籍する学生を対象に、各自の尖端研究力を基盤とし、研究の尖端性とアントレプレナーシップによる俯瞰的視野の両輪により、広い科学的視野を醸成し社会貢献を実現する人材育成のために、必要な資金を研究奨励費(生活費相当額)及び研究費として支給することで研究に専念できる環境を整えるとともに、社会実装や事業展開への広い視野を得るため教育プログラムを提供するものである。
なお、本制度は、JST「次世代研究者挑戦的研究プログラム」の採択を受けて実施するものである。

対象者

対象者は、申請者の中から選考基準に従い、選考委員会によって決定される。

選考基準

申請書及び推薦書について、次の3項目により選抜される。

  1. 尖端研究力獲得への展望
  2. 尖端研究力を活かした事業展開や社会実装等、広い視野からの社会貢献への展望
  3. 学業・研究業績

申請資格

本学大学院課程に本籍を置き、優れた研究能力を有し、研究に専念することを希望し、受入教員が推薦(「受入教員の推薦資格」を参照)する者で要件を満たす者。要件については、応募を希望する年度の募集要項で確認してください。

  • 要件を満たしていても、以下のいずれかに該当する者は申請資格を満たさない。
    1. 国費外国人留学生
    2. 外国政府派遣留学生
    3. 日本学術振興会特別研究員
    4. 未来価値創造研究教育特区型JIRITSU(自立)フェローシップの対象学生
    5. 大学や企業等から、生活費相当額として十分な水準(※1)で、給与・役員報酬等の安定的な収入を得ていると認められる者
    6. 重複受給ができない他の奨学金等を受給している者(※2)
    7. 標準修業年限を超過している者
    8. 休学中である者

(※1)年額180万円相当を基準とする。
(※2)日本学生支援機構(JASSO)から奨学金を受けている者、本学の研究奨励金「JIRITSU(自立)」制度において給付を受けている者及び現在申請中の者も、本制度には重複申請可能。ご不明点等は《問い合わせ先》の学務課教育支援室までお問い合わせください。

中止および返還

上記の申請資格を失った場合は、フェローとしての資格を失う。

支給対象学生の果たすべき義務

フェローシップ支給対象学生は、研究計画に基づき研究に邁進するとともに、未来価値創造研究推進特区で提供する社会実装や事業展開への広い視野を得るための各種教育プログラムの受講が求められる。

受入教員の推薦資格

学生1名あたりの教員負担金として、以下の金額を大学運営費から支出可能である者。

  • 令和3年度 100,000円(ただし、二次募集生の場合は83,000円)
  • 令和4年度 200,000円(ただし、令和4年9月修了の場合は100,000円)
  • 令和5年度 200,000円(ただし、令和5年9月修了の場合は100,000円)

フェローシップ

フェローシップは、1学生につき年間最大220万円とする。(このうち、年額210万円は生活費相当額、10万円は研究費として使用する額となる)

募集情報

最新情報は、Topicsからご確認ください。

  • 令和3年度の募集は終了しました。97名のFLフェローが採択されました。

お問い合わせ先

名称 国立大学法人東京農工大学 学務課教育支援室
電話番号 042-367-5545042-367-5545
メールアドレス jiritsu-fl★m2.tuat.ac.jp(迷惑メール防止のため「@」が★になっております)

ページの上部へ

メニューを閉じる