未来価値創造研究教育特区

メニュー

傑出PI

未来価値創造研究教育特区 傑出PI

概要

未来価値創造研究教育特区(以下、FLOuRISH Institute)では、ポストコロナの課題を解決するイノベーションリーダーを養成するため、本学のノウハウやアイディアを昇華して、リアル研究を「場」にして理系大学院リテラシー教育を推進する研究教育特区を設置し、革新的な大学院教育プログラムを実現します 。FLOuRISH特区の時限ラボでは、傑出PIを中心に、特区型JIRITSUフェロー(博士課程学生)やその他の学生とともに、海外スーパー教授、企業研究者、TERA(チーム付きURA)等と連携して、挑戦的な尖端的研究を行います。また尖端研究力を基盤に、次世代 PIや起業等のキャリアパスにチャレンジし、新しい発想で社会にアプローチできる特区型JIRITSUフェローを、それぞれの個性に応じた多様性を重視して育成します。

インセンティブ

  1. 傑出PIとして、研究活動に専念する環境が整備されます。
  2. スタートアップ資金、業務や授業をサポートする非常勤講師、RAの雇用費用がFLOuRISH Instituteで負担されます。(負担額については、応相談となります。)
  3. 特区型JIRITSUフェロー(博士課程学生)を採用し、研究を推進できます。またTERA(チーム付きURA)による研究費申請や共同研究の連携のサポートを受けることで、研究費獲得などを補助します。
  4. プロジェクト研究室(希望により約25平米の部屋を準備します。)の借用にかかる費用をFLOuRISH Instituteで負担します。
  5. 連携で研究する海外研究者の大学院生が共同研究する場合に、その渡航費や滞在費がサポートされる場合があります。
  6. 研究成果の社会実装を検討する場合に、そのサポートが受けられます。

応募資格

  1. 東京農工大学に在籍し、国際的に卓越した研究業績を有し、独創的な研究を推進しており、博士の学位取得後15年程度の教員。
  2. 「東京農工大学未来価値創造研究教育特区型JIRITSU(自立)フェローシップ制度実施要項」に基づき、2022年度以降、特区型JIRITSUフェロー学生(年間240万円の奨励金を支給)を、1名以上受け入れること。そのための財源の担保があること。

選考

選考にあたっては特に以下の点を重視します。

  1. 国際的に評価される卓越した研究業績を有している。国際的に評価される卓越した研究業績を有している。
  2. 海外研究機関や企業等との研究ネットワークを構築しており、社会的にインパクトのある独創的な研究を推進している。
  3. 一時的に業務運営等のエフォートを軽減され、研究に集中することで研究成果を上げることを目論んでいる。
  4. 学生の研究指導、特に博士課程、博士後期課程学生の育成に力を入れることが期待できる。
  5. 尖端研究力に基づき、研究成果を、大学院学生とともに起業等の形で社会実装することに興味をもち、大学院学生がそのためのプログラムを履修することなどに理解がある。

任期

着任時期と任期については募集要項で確認のこと。

募集情報

最新情報は、Topicsからご確認ください。

  • 令和3年度の募集は終了しました。2名の傑出PIが採択されました。

お問い合わせ先

名称 国立大学法人東京農工大学 学務課教育支援室
電話番号 042-367-5545042-367-5545
メールアドレス jiritsu-fl★m2.tuat.ac.jp(迷惑メール防止のため「@」が★になっております)

ページの上部へ

メニューを閉じる