未来価値創造研究教育特区

メニュー

未来価値創造研究教育特区型JIRITSU(自立)フェローシップ制度

未来価値創造研究教育特区型JIRITSU(自立)フェローシップ制度

概要

本制度は、本学大学院博士課程に在籍する学生を対象に、自由な発想のもとに主体的に研究課題等に取り組む機会を与え、研究力強化から尖端研究力を獲得し、それを基に、事業展開や社会実装等の教育を経て広い分野で社会貢献できる若手人材の自立促進を支援することを目的としている。対象者には、必要な資金をフェローシップとして支給し、研究に専念できる環境を整えるとともに、選択自由な教育プログラム等を提供するものであり、実施要項(※1)に基づき、実施される。

対象者

対象者は、申請者の中から選考基準に従い、選考委員会によって決定される。

選考基準

申請様式の推薦理由、研究目的・内容、年次計画、研究業績の記入内容を選考委員が次に掲げる項目について評価し、点数化し決定される。

  1. 研究活動に必要な専門的な資質及び優れた研究能力を備えていること。
  2. 学業成績及び研究業績の優秀な者で、事業展開や社会実装への広い視野を持ち、尖端研究力で社会貢献できることが見込まれる。

申請資格

  1. 本制度に申請できる者は、本学に本籍を置く学生のうち、出産・育児等ライフイベントを経た場合を除き、採用年度の4月1日現在の年齢が30歳未満の者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。
    1. 博士後期課程又は後期3年の課程のみの博士課程(連合農学研究科に在籍する学生にあっては、受入教員が本学教員の場合に限り申請できる。)に在籍する1年次の学生
    2. 4年制博士課程に在籍する2年次の学生
    3. 一貫制博士課程に在籍する3年次の学生
    4. その他未来価値創造研究教育特区長(以下「特区長」という。)が認めた者
  2. 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、申請要件を満たさないものとする。
    1. 国費外国人留学生
    2. 外国政府派遣留学生
    3. 日本学術振興会特別研究員

支給対象学生の果たすべき義務

フェローシップ支給対象学生は、研究計画書記載の研究計画に基づき、随時受入教員と協議しながら研究に専念しなければならない。また、フェローシップ支給対象学生は、尖端研究力を獲得しそれを基にアカデミアや事業展開及び社会実装等によって広い分野で社会貢献できる人材となるよう努めなければならない。そのために特区で提供する各種教育プログラム等を受講することができる

受入教員の推薦資格

学生に支給する研究専念支援金(年額 240 万円 /人 × 3 年間= 720 万円 )のうち 、 3 分の 1 年額 80 万円/人× 3 年間 )を、以下のいずれかの資金から支出可能である者。

  1. 大学運営費
  2. 寄附金
  3. 共同研究費(共同機関がフェローシップとしての支出を認めているものに限る。)
  4. その他配分機関がフェローシップとしての支出を認めている資金

募集情報

最新情報は、Topicsからご確認ください。

  • 令和3年度の募集は終了しました。6名のJIRITSU院生が採択されました。

お問い合わせ先

名称 国立大学法人東京農工大学 学務課教育支援室
電話番号 042-367-5545042-367-5545
メールアドレス jiritsu-fl★m2.tuat.ac.jp(迷惑メール防止のため「@」が★になっております)

ページの上部へ

メニューを閉じる